DTRS RECRUITING SITE

デロイト トーマツ リスクサービス株式会社 採用サイト

Menu Close

DTRS RECRUITING SITE

デロイト トーマツ リスクサービス株式会社 採用サイト

ITガバナンスの事例紹介

ライフサイエンス系

クライアント

国内大手消費財メーカー

サービス

データ利活用による知的生産性向上支援

背景

グローバル拠点と連携し、コンシューマーセントリックでイノベーティブな研究開発活動を期待される一方、情報はサイロ化し、ナレッジの属人化・暗黙知化が進み、組織としての知的生産性向上が困難な状況でした。
研究所移転を機に研究員のワークスタイル変革の機運が起こり、ICTを活用したデータドリブン研究組織へ変革するプロジェクトが立ち上がりました。

支援内容

  • 研究開発部門におけるデータドリブン環境のビジョン策定
  • ビジョン到達に向けた変革シナリオ、施策オプション、および実行計画の策定
  • 各種施策の実行に関するプロジェクト運営支援(PMO)と変革管理(Change Management)支援

アプローチ

  • ①戦略マップとイシューツリーを結合し、目指すべき方向と施策オプションを整理
  • ②ICT活用の様々なベストプラクティスを踏まえた施策抽出、効果と難易度でこれらを評価しながらアクションプランを策定
  • ③大規模且つマルチベンダーコントロール含む複雑なプロジェクトの立ち上げと管理・評価まで一貫したプロジェクト運営

ビジネスゴールの達成

To Be

クライアント

国内大手医療機器メーカー

サービス

医療機器サイバーセキュリティ対策支援

背景

医療機器製品に対して米国FDAのサイバーセキュリティ対策規制が強化され、多くの医療機関の新たな調達要件を提示してきた。これに対して現地販売会社からの要請を契機に、米国市場のビジネスインパクトの大きさも考慮したうえで至急の対策が必要であるとの経営判断が下された。製品セキュリティ対応の規制やガイドラインは膨大かつ複雑であり、求められる対応レベルの判断が困難な状況もあり実務的アドバイスについて支援を求められた。

支援内容

  • サイバーセキュリティ対策に求められる要件の整理と対策に向けてのフレームワークの提示とプロジェクト推進の支援
  • 既販品および新製品におけるセキュリティ対策状況のアセスメントの実施と、セキュリティ対策を考慮した開発プロセスの構築の支援
  • 製品のみならず、セキュリティポリシーや規程、新組織の立ち上げなど企業レベルでのセキュリティガバナンス整備の支援

アプローチ

  • ①現状を把握したうえで要求事項で求められるポリシーや実現ロードマップを策定
  • ②製品のセキュリテイ対策状態のアセスメントとテクニカルテストを実施
  • ③リスク評価、インシデント対応、外部コミュニケーション、委託先管理、教育、モニタリングなど各スタンダード等規程類を策定
  • ④グローバル各拠点でのガバナンス態勢を設計し展開を継続的に実施

開発段階からの製品サイバーセキュリティ対策

体系的かつ着実なステップアップ

クライアント

欧州医薬品データ規制(IDMP)への対応策を検討中の企業

サービス

IDMP対応のプロジェクト計画策定支援、実行支援

背景

クライアント内部でIDMP影響調査を実施するも、部分的に留まっており、またレギュレーションの内容も流動的であり、網羅的な調査といえない状況
その中でSPORのスコープ、申請プロセス、データ管理、対応期日、既存システム・ベンダー対応など、変動要素が多いなかで、ビジネスプロセスへの影響を把握するのが困難な状況
IDMPに対応した初期データ収集と申請、その後のデータメンテナンスといった将来のビジネスプロセスの明確化が求められている状況

支援内容

  • IDMPで要求されるデータ管理とその業務プロセスに関するAs-IsとTo-Be のギャップ分析
  • データモデルと関連するビジネスプロセス設計
  • Iteration1または将来を見据えたデータ管理に関わる構想策定
  • お客様のビジネス環境や社内体制を踏まえたコミュニケーションプラン策定と実行通じた変革支援

アプローチ

  • ①IDMP対応に関する現状理解と期待値の確認を含めたステークホルダーインタビュー
  • ②IDMPコンプライアンスを満たすデータ管理に必要なビジネス要件に加え、ステークホルダのデータガバナンス観点を加味した要件定義
  • ③IDMP Iteration1に対応するための必要なデータ属性、データソース、対応すべきルールの特定とプロジェクトスコープ定義
  • ④プロジェクトスコープを確実に実現するEnd-to-endのデータモデル及びビジネスプロセスの設計
  • ⑤Quick-Win獲得のため、本店・海外支店の両者を交えて調整を重ね、対応窓口の集約・コミュニケーションルールの策定等を実施
Top